日産リーフを検討中

今日も日産リーフをみました。音も無く、マフラーもないスタイリングに感動します。私もリーフには大変興味があり、試乗してみました。一番の驚きはやはり音です。音がしないいうのはこんなに快適なのかと感動しました。音のストレスというのは相当なものです。でも、走行距離や本当にお得なのかという、電気自動車本来の購買理由について深く考えていくとどうしても、疑問が浮かんできてしまいます。まずは電池の寿命です。ハイブリットもそうですが、今後使用できなくなった電池は、どうなるんでしょうか。電池って再利用できるんでしょうか。その辺の報道が全くされません。ごみの山ができないようにだけしてほしいと思います。次には本体価格と減価償却時期です。ガソリン車で対抗車種を探すとどうでしょうか、100万円以上高い感じがします。この分のガソリンが節約できないと意味がありません。100万円分のガソリン代って相当です。さらにそのガソリン代の差額を消化してから、初めてお得な車としての人生がスタートするわけです。スタートしたころには結構ぼろぼろです。ということは、お得な自動車の期間は非常に短くてその間にこわれた部品はガソリン車にくらべて高いなんてことになったらと思うと買うのに躊躇します。